坐骨神経痛

このようなお悩みは
ありませんか?

  • 足の外側に痺れや痛みがある
  • 長い時間立っていると辛くなる
  • お尻に痛みがあり座るのが辛い
  • 身体をかがめると痛みが強くなる

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、下肢に出てくる症状の総称で、お尻から足先にかけて痺れや痛みが続く状態を指します。坐骨神経は梨状筋というお尻の筋肉のすぐ近くから出ています。

梨状筋がきちんと動かなかったり、固くて柔軟性が低下したりする状態が続くことで、坐骨神経に圧迫などの刺激が加わり症状を感じます。

デスクワークが多い方などはお尻を圧迫される時間がそうでない方に比べ相対的に長くなり、坐骨神経痛を発症されるリスクが高まります。また普段からの姿勢も一つの原因として挙げられます。

坐骨神経痛に対する整体・鍼灸の効果

「整体」

香里園 タナベ治療院(整体院・鍼灸院)で行う整体では、坐骨神経痛の原因とされる梨状筋に刺激を入れ、坐骨神経の圧迫を取り除いていきます。また患者様の姿勢を確認させていただき、姿勢不良がある際はその方に合った姿勢づくりやデスクワーク時の座り方のアドバイスも含めて痛みの緩和を図っていきます。

「鍼灸」

鍼灸では、整体と同様に梨状筋を狙い施術を進めていきます。

鍼のメリットは鍼を刺した部位に血流や酸素量が増幅し、刺鍼部位の筋肉の緊張緩和を図れる点です。筋肉を緩めたり、しっかりと動く状態を作ることで坐骨神経の圧迫を緩和していきます。

より詳しい内容はこちらをご確認ください。

寝屋川市で坐骨神経痛にお悩みの方は、香里園 タナベ治療院(整体院・鍼灸院)にご相談ください。