足底筋膜炎

このようなお悩みは
ありませんか?

  • 起床時や歩き出しの一歩目が痛い
  • 朝痛いが、日中にかけて痛みが緩和してくる
  • 足の裏にピリッとする痛みがある
  • 足の裏が突っ張っている感じがある
  • 足の裏を押すと痛い

足底筋膜炎(足底腱膜炎)とは

足底筋膜炎(足底腱膜炎)とは、足の裏の踵から指先の方まで伸びている腱膜が、炎症を起こし痛みを感じることを言います。

炎症が起きてしまう原因はいくつかあり

  • 足のアーチの低下、消失(扁平足)
  • 甲高(ハイアーチ)による足底へのストレス増
  • 足の着き方
  • 浮き指
  • オーバーユース
  • ふくらはぎの筋肉の柔軟性の低下

主にこれらが原因となり、いくつもの原因を抱えている方もいらっしゃいます。

その場合は、一つひとつ解決をして痛みを緩和することが大切です。

足底筋膜炎に対する整体・鍼灸の効果

「整体」

寝屋川市 香里園のタナベ治療院(整体院・鍼灸院)では固まってしまったふくらはぎの筋肉を整体とマッサージにより、柔軟性のある筋肉の状態へと戻します。浮き指や足のアーチにトラブルをお持ちの方には、指がしっかりと動くように手技で治療を施します。

最後に足底の炎症を和らげるテーピングを行うことで、ストレスなく歩けるように骨格を正しい位置へ導きます。治療後は自宅で出来るストレッチの指導も行います。

 

「鍼灸」

足底筋膜炎の症状で疲れやすいふくらはぎの筋肉を中心に鍼治療を行い、脚全体の血流を良くすることを目的として治療します。

血流を良くすることで、ふくらはぎの筋肉が柔らかくなり症状の改善を促します。

寝屋川市 香里園のタナベ治療院(整体院・鍼灸院)では整体と鍼灸を併用していただくことで、症状改善のスピードを早めることが可能です。

寝屋川市で足底筋膜炎(足底腱膜炎)のことでお悩みの方は、香里園のタナベ治療院(整体院・鍼灸院)にご相談ください。