スポーツ障害

このようなお悩みは
ありませんか?

  • 手首が痛くて手を動かしづらい
  • ボールを放る瞬間に肘が強く痛む
  • 膝の痛みから曲げ伸ばしがしづらい
  • 足をつくとかかとやスネが痛む
  • 身体が痛くて腰を回したり反らしたりできない

スポーツ障害の原因

スポーツ障害は、同じ動作を繰り返し行うことで引き起こされます。

ボールを日に何度も放ったり、ラケットやバッドで素振りを繰り返したりといった、いわゆる“オーバーユース”が原因です。

スポーツ障害が生じるメカニズムは、繰り返しの動作で筋肉に負荷がかかり、やがて炎症を引き起こし痛みが生じます。

ただ、オーバーユース以前に、身体の使い方が悪かったり、関節可動域が狭かったり(ストレッチの不足)といったコンディションにも左右されます。繰り返すスポーツ障害の本当の原因は、骨格の歪みによる身体の使い方の誤りであることが多いです。

そのままスポーツ障害を放っておくとどうなるの?

スポーツ障害を引き起こすということは、何らかの原因があるのは確かです。

その原因をしっかりと改善しなければ、スポーツ障害を何度も繰り返すことになってしまいます。

それだけではなく、患部がひどく腫れあがったり、日常生活のちょっとした動作でも痛みが現れたりと、スポーツ場面以外でも症状が現れるようになってしまうでしょう。

痛みのある部位によっては、移動だけではなく長時間座っていることも難しくなるため、授業やデスクワークへの影響も否めません。

医師や施術者の指示に従い、しっかりと完治させることが大切です。

当院のスポーツ障害の施術方法

スポーツ障害が起こる原因は、人に異なります。

そのため、当院ではスポーツ障害の治療を行う際に、きめ細やかな問診と検査を心がけています。

問診では、難しいことや専門用語を交えた質問は致しません。

痛みがいつから始まったのか、どのような痛みなのか、行っているスポーツや練習量など、基本的なことをお伺いさせていただきます。

検査においても、痛みを伴うようなことは致しません。実際にお身体に触れてみて、負荷がかかっている部位や炎症が起こっている部位を把握させていただきます。

当院のスポーツ障害に対する施術は、痛みをなくすことはもちろん、症状を繰り返さない健康な身体を作ることが目的です。

スポーツ障害にお悩みの方やスポーツを長く続けていきたいという方は、ぜひ一度当院へご相談下さい。