当院では痛みや違和感、スポーツ障害(スポーツで起きる怪我)の施術を得意とし、痛みの原因を患者さんとの会話、姿勢、動き方や歩き方の癖から見つけていきます。

たとえば、痛みや違和感を感じて医療機関を受診し、レントゲンやMRIで検査をしても異常が見つからなかったことはありませんでしたか?

それは、レントゲン写真には骨のズレを映し出す事は出来ても、筋肉のズレを映し出す事は出来ないからです。また痛みの多くはこれが原因である事が多く、そもそも痛みを感じるその場所に原因が潜んでいる事は少ないのが実際です。

更に湿布や痛み止めの処置ではなかなか根本的に解決することは出来ないため、通院を繰り返して長引いてしまう患者さんが多いのです。

私自身、プロを目指してサッカーに取り組んでいた頃、大きな怪我をしました。怪我を治す為に様々な治療院を巡り、その数は数十件にものぼりました。なかなか治らず辛い思いもしました。また、怪我の出方などを先生に分かってもらう事は難しいものだとも感じていました。

だからこそ、自身の経験と怪我から得た感覚を武器に解釈出来る様に努め、より早期回復を目指した施術を行っています。

”患者さまの立場に立ってケアをする”

これが私の施術に対する理念です。

 

田辺 光芳(タナベミツヨシ)
大阪府寝屋川市出身

保有資格
厚生労働大臣認可 はり師・きゅう師国家資格

指導歴
大阪経済大学 陸上部長距離
F.C.Lazo U-15 トレーナー
桃山学院大学付属高等学校 軟式野球部
NPO法人 日本足育プロジェクト協会
その他プロ選手や高校、地域での講演活動多数。

 

<サッカー漬けの学生時代>

幼稚園の頃から大学卒業まで選手としてプレーをし続け、サッカーに明け暮れる。
しかし、高校時代には多くのケガや故障に悩まされ、
約2年以上を棒に振る事に。

<治療家を志す>

怪我に悩まされ続けた頃、
「もう一度サッカーをしたい」と様々な治療院を訪ね、その数は数十件以上。
そこで出会う先生や体験が大きなターニングポイントとなり、
治療家になる道を決意する。

<治療家への第一歩>

大学卒業後、明治東洋医学院専門学校鍼灸科へ。

人間の身体に関する知識全般を学びながらも、
学校で得られる知識だけでは到底足りないと感じ、
在学中よりスポーツトレーナー活動や整骨院勤務、
各種勉強会への参加など、技術と知識を吸収する為の活動を積極的に行う。

卒業後、はり師・きゅう師国家資格を取得。

<治療院開院>

患者さんと真剣に向き合い症状を見るには、
一対一で時間を確保した施術環境が必要と判断し、2011年、完全予約制の治療院を開院。

開院後には社会貢献を目指す団体や学会に所属し、
痛みに関する最先端の情報を発信する。

<現在>

2014年3月に、トレーニングジムと治療院が併設した施設として、

香里園の駅前に移転。名称を「たなべ治療院」とする。


これまでに携わったスポーツ選手はサッカー、バスケットボール、バレーボール、ダンス、フットサル、テニス、ラグビー、ランナー、トライアスロンなど多岐にわたり、

全国大会出場レベルの選手も来院し、スポーツ愛好家を始め一般の方など幅広い層が来院。

プロスポーツ選手の活動もサポートしております。

お気軽にご相談ください。

 
 
予約フォームはこちら