Archive for 10月, 2014

膝のサポーターは付けるべき?

knee

knee
膝が痛いと歩くことがなかなか上手くいきません。
少しでも日常生活が楽になるように、また、スポーツで痛みが出ない為に膝のサポーターをすることがあると思います。更にそのサポーターの種類も多岐に渡ります。

今皆さんが付けているサポーターはどのような形の物でしょうか?
41oiuqwujwl._aa300_ff716afa
上の物はかなり固定がハードなタイプで主に医療機関で処方されます。
反対に下は軽度の圧迫をかけており、まだ上の物に比べて動きやすいとされています。

タイプが違うだけで膝への影響は違うとイメージ出来るかと思われますが、
どちらにせよ、膝へはダメージになる影響が大きいのです。

それは何故でしょうか?

まず皆さんに知っていただきたいのが、「固定」というのは諸刃の剣だということです。
固定とはあえて関節や筋肉の動きに歯止めをかけています。
何故ならそれは膝が痛いから。

しかしながら、「固定」は動きを出さないようにしてしまうことから、
不自然な関節や筋肉の動きを引き起こしてしまい、結果、筋力低下や歪みを引き起こす原因となってしまいます。

当院では、ただ単なる固定ではなく、痛みの原因を作ってしまっているテーピングで、
膝の捻れや筋肉を正しい位置に戻すことで、膝の痛みを取ることを行っております。

いつでもお気軽にご相談ください。

セミナー定員まで2名です!

12月7日(日)に開催するワークショップですが残り2名となりました。
追加枠は予定していないので、ご検討中の方もお早めにお申し込ください。

お申し込み、詳細はこちらよりお願い致します。

ピラティストレーナーと治療家が提案する「足のWS」
http://kokucheese.com/event/index/221988/

12月7日開催 足のWS残りあと3名です。

まだ先の開催になりますが、有り難いことに残りあと3名で定員となります。
残席があと僅かなので早めの申し込みをお願い致します。

足はとても繊細です。
テープの貼るテンションが違うだけで、雲泥の差があります。
もちろん足の構造や仕組みを知ることが1番大切で、その次に見る目が必要です。
今回のセミナーはそれを考えるとても良い機会になると思っています。

僕自身も7日の開催まで、学び続けた中で行わせて頂きますので、良い物を示すことが出来る様精一杯させてもらいます。
参加者の皆さんにお会い出来ることを楽しみにしております。

足のワークショップ 残席6名となりました。

30006004019

30006004019
先日ブログにもアップしました、12月7日(日)に開催するワークショップですが残り6名となりました。
ご検討中の方もお早めにお申し込ください。
まだまだ先ですが、お問い合わせも沢山頂いておりますので、ぜひ予定を空けてご参加下さると嬉しいです。

お申し込み、詳細はこちらよりお願い致します。

ピラティストレーナーと治療家が提案する「足のWS」
http://kokucheese.com/event/index/221988/

【セミナー開催のお知らせ】ピラティストレーナーと治療家が提案する足のWS

11015205432

11015205432
少々早いですが、12月7日に共同開催でセミナーを行います!
もう1人の講師はピラティススタジオダゴバ代表の葉坂さんです。

今回のテーマは「足」

足はとても繊細で履く靴や靴下、歩き方の癖など、影響をとても受けやすい場所です。
最近では足のトラブルを抱える方もとても多くなっており、
私たち専門家としてもより一層注目しなければならないポイントでもあります。

今回はフィールドの違う2人が、普段の現場で経験した症状や事例を踏まえて、
実際に現場で行っているアプローチ法をお伝えします。
僕は今回テーピングと身体の見方をお伝えさせて頂きます。

まだ先の開催にはなりますが、定員数も多くないのでお早めにお申し込みください。
詳細はこちらになります。

ピラティストレーナーと治療家が提案する「足のWS」
お申し込みはこちらから。 http://kokucheese.com/event/index/221988/