All posts in 魚の目

インソールと足指の関係

378764.LINE

 378764.LINE

ずっと治療に来てくれている選手が、つい1ヶ月半前位から使い始めたというインソール。

何年か前に流行っていたタイプのインソールで、

3点支持が特徴のインソールでした。

 

3点支持とは、

①踵

②小趾球

③拇指球

の足の構造で最も大切とされている3点をソールで下から上げる事で、

縦アーチ、横アーチのそれぞれを作るということです。

 

実際に立った状態で色んな動きをチェックしたところ、

バランス感覚は良くなったそうです。

例えば、片足立ちの感覚はかなり良くなったそう。

ただ、これは自体は実は「立った状態」での評価なんです。

 

実際着用して数週間の動きを見てみると、

足が重くなり切り返しの動作がとても鈍くなったそうです。

これって、いわゆるインソールの功罪でもあるんです。

 

足の動きも色んなパターンがあり、

そのパターンに応じて足の骨は細かく変形します。

 

例えばこのインソールの様に、上げる必要があるところ、

上げずに締める必要がある所。

本来はその特徴に応じてこれを使い分ける事で、より理想の足に近づいて行きます。

魚の目の痛み

28174007595

28174007595

魚の目の痛みのほとんどは歩き方で起きている重心移動にあります。

重心とは自分自身の中にある、言わば中心線のようなもの。

立った状態で右に体重をかけると重心は右に移動し

左にかければ左にその中心線はずれていきます。

 

これが360°色んな方向へ、変化して行きます。

そして正しい軌道からズレると

足の裏で体重が過剰にかかるポイントが出てきます。

 

これが繰り返される事で魚の目やタコとして私たちの身体に表れてきます。

痛みを伴う物や、痛みの手前で留まっているものなど

様々ですが、これによって痛みを感じてしまうと

更に歩き方が痛みを回避する方へと変化して行きます。

 

こうなると、どうなるお分かりになりますでしょうか?

 

1番最初に作られた原因の上に、更に別の原因が覆いかぶさることとなり

2つの痛みの原因を作ることとなります。

 

こうなるとなかなか一般的な対処療法では難しく、

痛みから抜け出せないループへと入ってしまいます。

 

出来ればここに行く前に対処したいところ!

 

当院では魚の目の対処法や、治療法も行います。

お気軽にご相談ください。