All posts in 痺れ

五十肩の痛み

五十肩は1度なってしまうと関節や筋肉がかなり固くなってしまい、

夜寝ている時に疼く痛みや、肩が上がらないなど、酷くなることがとても多い症状です。

 

人は、ある程度誰でも年齢と共に肩と繋がりがある肋骨や胸郭という、いわゆる「胸周り」にあたる部分の

柔軟性と動きに制限がかかってきます。

 

その程度が大きくなり、肩と繋がりの深い場所の、動かせる範囲が乏しくなった結果、

五十肩という痛みとして、患者様の身体に表れてきます。

 

今ではスマートフォンやパソコンをする世代がどんどん増えて来ているので、

恐らく10年後には今よりも五十肩で辛くなる人が増えるでしょう。

 

パソコンの有無に関わらず、そうならないように、出来れば予防しておくのがベスト。

胸回りの柔軟性を引き出すストレッチや適度な運動、

その他にも身体を鍛えるトレーニングまでも出来れば

五十肩とはほど遠い生活を送る事も可能なはずです。

今痛みがある人でも、きちんと治療して行けば良くなって行きます。

 

昨日、今日と暖かい日が続いていますね!

こういう時こそ、しっかりとストレッチをして寒さに打ち勝つ身体を作って行きましょう!

ズボンを履く瞬間にも骨盤はズレる

骨盤のズレ方やズレる方向は、普段の姿勢や歩き方、お仕事の特徴など、

ほとんどが動きの中で起こり、

何気なくやっている日常生活の動きが身体の変化を出しています。

 

その何気ない動きの1つとして、ズボンを履く時の動き。

大抵の場合、ズボンを履く時は足を上げて、身体を曲げて履こうとすると思います。

実はこの履く瞬間に骨盤のズレが起こっています。

 

身体を曲げる事を屈曲と言いますが、

ズボンを履く時の様に身体の極端な屈曲する動きは

骨盤を前傾(前に傾く)させる働きがあります。

 

ズボンを履き終わった後には、既にこの骨盤の過剰な前傾が作られ、

この状態は腰や股関節にダメージを受けやすくなります。

履いた直後から脱ぐまで、ずっと続く訳なので、

日常生活での身体に与える影響はとても大きい物になります。

 

以前、スキニージーンズが神経障害をもたらすという話がありました。

スキニーは履く時にかなり力を入れないといけませんから、

履いている瞬間に身体をかなり前傾させているはずです。

どちらかというと、この方が身体に与えるダメージは大きいと個人的には考えています。

 

それでは、どうして履けば良いの?

という話になりますが、

座りながら身体をなるべく丸めずに履くか、

立って履く時はしっかりと胸を張ってズボンに足を通すか。

どちらかの方法が身体に負担が少ないです。

 

実際に今までの履き方と、しっかりと胸を張ってズボンを履くはき方の両方で、

身体の柔軟性(前屈)を見ると、とても分かりやすいと思います。

 

小さい事で、身体は良い方にも悪い方にも変わりますが、

良い事の積み重ねをしていきたいですね!

 

2015 上半期人気記事

9月に入り、気温も少しずつ下がってきましたね。

これくらいの気温湿度になると、とても身体を動かしやすくなってきました!

秋の季節は東洋医学の考えで見ると、「早寝早起き」が体調管理に最も良い効果を出してくれるそうです。

僕も早寝、は中々難しいですが早起きは実践中です!

 

さて、このHPもオープンして一年が経ちました。

当院ではとても有り難い事に、ご紹介の方が多いのですが、

他にもこのHPの内容や記事を見てのご相談のお電話がとても多くなりました。

本当にありがとうございます。

そして1つでもお役に立てる情報や、同じ悩みを持った患者さんの声を掲載出来れば良いなと思って

更新しています。

 

今回はその中でも、特に記事のアクセスが多かった物を改めでご紹介させて頂きます。

 

まだ見た事の無い方の目に留まると良いな・・・と思っています。

ではベスト5のご紹介です♪

 

5位 動作分析

 

tanabe-sports.com/%E5%8B%95%E4%BD%9C%E5%88%86%E6%9E%90-1578.html

身体の使い方が痛みの原因の大半を占めていますが、当院の治療ではここに力を入れています。

人の動きは本当に奥が深くて面白いです!

 

4位 痺れを生み出す「よじれ」

http://tanabe-sports.com/%E3%82%B7%E3%83%93%E3%83%AC%E3%82%92%E7%94%9F%E3%81%BF%E5%87%BA%E3%81%99%E3%80%8C%E3%82%88%E3%81%98%E3%82%8C%E3%80%8D-1851.html

痺れの原因は実は「圧迫」では起こりません。

筋肉のよじれが引き起こすというお話です。

 

3位 深夜のトレーニング!

http://tanabe-sports.com/%E6%B7%B1%E5%A4%9C%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%EF%BC%81-1835.html

師匠や空手のトップ選手との合同トレーニング!

夜の11時にスタートして帰宅したのは朝の4時。

とっても他愛ないブログでしたが。笑 沢山の方に読んで頂いたみたいです(^_^)

 

2位 足底腱膜炎

http://tanabe-sports.com/%E8%B6%B3%E5%BA%95%E8%85%B1%E8%86%9C%EF%BC%88%E7%AD%8B%E8%86%9C%EF%BC%89%E7%82%8E-1847.html

足の痛みを抱える方が多いのも当院の特徴です。

沢山の方に読んで頂いています。

 

1位 ベンチプレスが椎間板ヘルニアを引き起こす

http://tanabe-sports.com/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%81%8C%E6%A4%8E%E9%96%93%E6%9D%BF%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%82%92%E5%BC%95%E3%81%8D%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99-1950.html

断トツでの一位がこちら!

ベンチプレスと椎間板ヘルニアの関係。

実はベンチプレスがヘルニアの原因になるという普通ならあまり想像がつかない内容です。

これは今までのブログで1番読まれている記事です!

良いと思っていたトレーニング法もやり方で大きく変わってしまいます。

 

ぜひまだの方はご覧になってください!

これからも何かお役に立てる事はないかと探しながら、書いて行きますので

楽しみにしていて下さい!

 

頭〜首の痺れの反応点

2970790297679
人の身体の中でも、特に首周囲は繊細で複雑な作りになっています。

昨日治療させていただいた患者さんの症状で、首から左頭皮全体にかけて痺れる感覚と痛みがある方がおられました。

今回2回目の治療で、初回は頭頂部の症状だったので首周辺で終わっていたのですが、

昨日見させてもらうと症状が元に戻っているとの事で、もう少し身体全体を見させていただくことに。

すると左の肋骨・腸骨が、ある動きの中で特定の方向へズレが起こっていました。

それを踏まえて、頚部の治療の前に殿部の治療をしていると、

あるポイントを押す事でその方が症状を感じていた部分にツーンと響く感じが出ました。

これがいわゆる「反応点」というものです。

痛みが中々引かない時に、この反応点を見つけて治療しないと患者さんの症状が改善しない場合があります。

今回はお尻のあるポイントでした。

今日患者さんに症状をお聞きすると、ほとんど症状は無い様でした。

首だけで見ると、写真の神経の圧迫が原因なのですが、

その首の神経の圧迫を出してしまっているのは・・・結果的だったということになります。

本当に人の身体は奥が深いです。

もっと1人でも多くの人が元気に、笑顔で帰ってもらえる様に

沢山気付きを見つけていかないといけませんね!