All posts in ランニング

パーソナルトレーニング

6164068569314.LINE
ここ最近、トレーナーをしているチームの選手とトレーニングをしています!
場所は治療院の側にある河川敷で行っているのですが
選手も僕自身も沢山の気付きをこの時間でもらっています。

まず、歩行動作に始まり、ランニングフォーム・キックフォーム・ターンの動きをチェックします。
更に本人がやりにくいと感じている動作があればそこを予め把握しておき
どこの動作に癖があるかを、先程チェックした全ての動きを踏まえて共有します。

今回は、ターン動作のロス(上手く止まれない)・敵を背負った状態でのボールコントロールの精度と身体の使い方
この2つの精度を上げるためのトレーニングをしました。
終了後はしっかりと減速のスキルも上がり、良いトレーニングになりました!

明後日はビーチでトレーニング!初の試みなので、色々と実験をしてきますね^^

新年のご挨拶とトレーニング報告

新年明けましておめでとうございます!
昨年は患者様、家族、友人を始め周りの方々に支えられ、
成長するチャンスを沢山頂きました。
本当にありがとうございます!
また、本年もよろしくお願い申し上げます。

治療院としては移転して一年。
今では大半の患者様がスポーツをする選手で溢れています。
とても有り難いことです。
同じくして責任も感じております。

今年は治療院としても更に今やっていることを突き詰めて
もっともっと、お1人おひとりの患者様にお返し出来る様にさせて頂きます。

また、ご報告ですが、年末の12/25〜12/31には一時帰国していたAugusburgの宇佐美貴史選手と
今月末よりドイツへ渡る小谷光毅選手のコンディショニングとトレーニングをさせて頂きました。
宇佐美選手の要望と、こちら側のトレーニングのイメージを近づけながら一週間密度の濃い内容に仕上がりました!
もう既にドイツへ戻りキャンプインしています。
今年一年がお二人にとって飛躍の年になるよう応援しております!!
ぜひ皆さんも温かいご声援をお願い致します!
5431077085573-line

肉離れが起きる原因とその場所

肉離れには様々な場所で起こる可能性があります。
ふくらはぎ、太ももの前、腿の裏、大胸筋、腹筋・・・
他にも細かく挙げればもっと出てきます。

その中でも僕自身も過去に経験した事がある、ふくらはぎについて今回は触れてみます。

ふくらはぎには大きな筋肉、下腿三頭筋と呼ばれるアウターマッスルがあります。
このどこで肉離れが起きてしまったかが治療して行くにあたってもとても大切で、
例えばふくらはぎの真ん中なのか内側なのかでも異なります。

内側で起きた場合、主に足のアーチの崩れとの関係性が関与します。
通常、足が接地してある程度外へ軌道を描いたあと、親指が地面をグリップして前へ進んで行きますが
最初の足が接地してからの軌道が通常よりも大きくなり、その反動として内へ戻ってきて耐えられない場合
内側の筋肉の断裂が起きてしまいます。

また単純にアーチの落ち込みが肉離れを引き起こしてしまったかというと、そうでもありません。

その他、更に原因としては歩き方や走り方の癖、背筋群の筋肉量、足の骨格異常、筋肉の固さ、関節の固さ、神経的な異常
など複合的に絡み、肉離れを引き起こします。

今では寒さも相まって、当院にも肉離れの患者さまが増えています。
起きない予防も大切ですし、なってからの治療やケアの方法も大切です!
肉離れが起きてしまったら、日にち薬と置いておかずに、まずはご相談ください。
早めの判断が早期回復にも繋がります^^

気温が低くなったときに

今週末から来週明けにかけて、気温がグッと低くなります。
今朝でも大阪は結構ひんやりとしていましたね!
スポーツをしている方にとっては、
湿度も気温も下がってきているので、とてもやりやすい気候ではないでしょうか。

患者さまのお話を聞いても、ゴルフの予定が詰まっていたり
マラソンのレースに出る為に各地へ行かれたりと色んなお話を聞かせて頂いております!

毎年、この時期になると思うのですが
気温が低くなると皆さん姿勢も変わりますし、
元々どこかに身体の不調をお持ちの方は、筋肉が固くなる傾向にある時期になってきます。
人はある一定の体温を維持したいので寒さには敏感です。
(これをホメオスタシスを言います。)
なので、今のこのタイミングは結構大切な時期でして
筋肉の固さや姿勢が変わって行くのを予防して行く時だと思っています。

出来る事はとてもシンプルです。
普段より長めに湯船に浸かったり(もちろんシャワーで済ませる癖がある方はしっかりと湯船に浸かって下さいね!)
半袖半ズボンを長袖に切り替えたり
布団もしっかり被る。

こういった夏場で行っていたそのままの状態を、しっかりと切り替えます。
どこかへ出かける時は、上着を一枚必ず持って出るのも良いですね^^

更に部活動などをしている学生は、
汗をかいたらすぐに着替える事!
風邪を引かないように取り組む事もしっかりとした練習です。

「あ、気温が下がってきたな」
と、少しでも思い始めたら今日お伝えした事に気をつけて頂けると
日頃の体調やスポーツの場面でも良い作用が出る事と思います^^

ランニング動作

ランニング動作を分析していくと色々と面白い発見があります。
足の着き方や着く場所。
着地の時の衝撃を受ける方向。
腕の振り方や足指の離れ方。

こういう動作1つひとつが、怪我のリスクを高めるのはもちろん
更にはパフォーマンスに影響します。

治療の一貫で、最後にフォームを見る事もしばしばあります。
スポーツ競技においては、怪我のリスクをいかにして下げて、
尚かつそこからパフォーマンスUPに繋げるかが理想になります。
だからフォーム修正は時として物凄く重要なんです。

後はこれを本人が自覚した上で、反復練習して感覚を掴む事。
そうすればその感覚は忘れない物になり身体に覚え込まれます。
状況によってはここまでやります。

いかにして、怪我のリスクを減らして、且つパフォーマンスUPに繋げられるか。
治療もアフターでの修正もここを大事にしています。

アンチエイジング・ジム KOURING について

たなべ治療院と提携をさせて頂いております、
香里園のアンチエイジング・ジム KOURINGについてご案内致します。

まず当院とは電話番号が異なりますので、
お電話での体験予約やお問い合わせにつきましては、
072-831-0701までお願いいたします。

当HP内の下記ページからもご予約が可能です。
http://tanabe-sports.com/kouri.html

また、所在地につきましても当院と別の場所にございます。
詳しい場所につきましては、KOURINGのオフィシャルブログをご覧下さい。
http://ameblo.jp/studiokoh31/
※今月中にはKOURING公式ページ内にてGoogleマップを追加予定です。
もうしばらくお待ちくださいませ。

KOURING体験予約の件に際しまして、
沢山のお問い合わせを頂いているにも関わらず、所在地等分かりにくくなっており
大変申し訳ございません。
当院にお電話があった場合でも、お繋ぎ致しますのでご安心下さい。

今後とも、たなべ治療院、KOURING共々よろしくお願い致します。

たなべ治療院
田辺光芳

肩こり腰痛も日常動作が全て

私たちが行う立つ、歩く、座ると言った日常動作、もしくはスポーツにおける動作習慣。

この動作の中で理想とされる動きから外れる事で、私たちの身体には痛みや不調として現れます。
当院での治療もこの動作を判断した情報に基づいて治療を進めて行きます。

歩く時に身体を左右に揺らして歩く人
立っている時は必ず左足が軸足になる人
座っている時、足を組む時に右足が上になる
走る時に足が外から回ってくる

これらの動作には全部癖があり、
起こるのにも理由があります。

1つひとつ丁寧にこの身体の癖、動作の癖を治して行けば
自然治癒力も向上し、
もちろん治るスピードも速まります。

その初めの一歩として、
皆さんもこうした動きに少しばかり目を向けてみて下さい。

仕事柄どういった動きが多いか。
家事をしているときに、どちらの方をよく向くか。
パソコンはどの辺りに置いているか。

偏りのある動作習慣は左右や前後バランスを崩しかねません。
今日から自分の動きと習慣に目を向けて行きましょう。

インソールと足指の関係

378764.LINE

 378764.LINE

ずっと治療に来てくれている選手が、つい1ヶ月半前位から使い始めたというインソール。

何年か前に流行っていたタイプのインソールで、

3点支持が特徴のインソールでした。

 

3点支持とは、

①踵

②小趾球

③拇指球

の足の構造で最も大切とされている3点をソールで下から上げる事で、

縦アーチ、横アーチのそれぞれを作るということです。

 

実際に立った状態で色んな動きをチェックしたところ、

バランス感覚は良くなったそうです。

例えば、片足立ちの感覚はかなり良くなったそう。

ただ、これは自体は実は「立った状態」での評価なんです。

 

実際着用して数週間の動きを見てみると、

足が重くなり切り返しの動作がとても鈍くなったそうです。

これって、いわゆるインソールの功罪でもあるんです。

 

足の動きも色んなパターンがあり、

そのパターンに応じて足の骨は細かく変形します。

 

例えばこのインソールの様に、上げる必要があるところ、

上げずに締める必要がある所。

本来はその特徴に応じてこれを使い分ける事で、より理想の足に近づいて行きます。

一瞬

11021006024

11021006024

僕自身がこの世界に入ったきっかけは自分自身の怪我です。

幼稚園からサッカーをしていて、小さい頃からプロサッカー選手になるのが夢でした。

高校の時、どこから湧いてくる自信かわかりませんが

何故かそのサッカー選手になれると思っていて、新潟のJAPANサッカーカレッジまで

体験入学をしにいったこともあります。

 

ただ、周りの選手があまりにも上手過ぎて、その時に大きな挫折を味わいました。

本当に「上手いやつ」っていうのは世の中にゴロゴロといるんです。

 

その高校の時に、先程言った様に大きな怪我を繰り返す事になりました。

怪我の度に治療院を巡りますが中々良くなりません。

 

怪我は怪我をした人にしか分からないとは良く言いますが

本当に怪我や故障といのうは、人を不安にし焦らせ、気持ちが憂鬱になるものです。

もちろん痛みもそうです。

 

けれど、選手自身は怪我が治ったその先をイメージして、忍耐強くやるべきことに取り組まなければ行けません。

そのサポートをしたり、自分と同じ境遇の選手を出さない様に・・・

との想いでなったのがこの職業です。

 

今では沢山の学生選手が来てくれたり、プロの選手に関わらせて頂く事も

この一年で増えました。

治療を任せて頂く責任を持って、あとこの一年患者様のお力になる仕事をしていきたいと思います。

2015年もあと僅か!

最後は笑って良かったと思えるようにしていきましょう^^

歩く時にズキっと痛みが走る股関節の症状

30006001635A

30006001635A

股関節の痛みや症状は、とても女性の多い症状の1つです。

これには女性特有の骨格や筋肉の付き方が影響しています。

 

「歩く時に股関節の奥がズキっと痛みを感じる。」

それはどこから来るのでしょうか?

 

わたしたちは歩くときに、地面からの衝撃を受けます。

これは歩いていれば誰でも受ける物です。

 

試しに、踵をドンドン!と地面についてみてください。

そうすると響く感じが膝や股関節、太ももに感じられるはずです。

それが衝撃です。

 

実はこの衝撃が上手く吸収出来る人と、出来ない人がいます。

先程、踵をドンドンとしたと思いますが、

歩いている時にこの踵を激しくつく歩き方をしていると

衝撃をダイレクトに股関節や膝で受け止めることになります。

 

この衝撃が常に股関節にダメージとして蓄積し続けると

痛みとしてわたしたちの身体に現れてきます。

更にこのダメージが蓄積すると変形性の股関節症と言った

骨の変形が始まります。

 

もともと女性の骨盤は男性と比べて横長で、男性よりも縦幅が短い作りになっています。

これは出産をしやすいようにするためです。

骨盤の作り自体も違うことから、

普段から特に女性は骨盤周辺、足回りのケアをすることを当院でもオススメしております。

 

股関節の痛みで悩んでいる方で、

まず自分で変えられることは

・踵からドンドンと着地せず、踵からもう少しつま先よりに着地をする

・ヒールの様な靴を必要なとき以外は避ける

と、このようなことを少し意識して頂けると

身体に変化を感じられる可能性が高いです。

 

寒さも少しずつ強まってきました。

こういう季節こそ自分の身体に目を向けて、ケアをしていきましょう!