All posts in ランナー膝

ランニング動作

ランニング動作を分析していくと色々と面白い発見があります。
足の着き方や着く場所。
着地の時の衝撃を受ける方向。
腕の振り方や足指の離れ方。

こういう動作1つひとつが、怪我のリスクを高めるのはもちろん
更にはパフォーマンスに影響します。

治療の一貫で、最後にフォームを見る事もしばしばあります。
スポーツ競技においては、怪我のリスクをいかにして下げて、
尚かつそこからパフォーマンスUPに繋げるかが理想になります。
だからフォーム修正は時として物凄く重要なんです。

後はこれを本人が自覚した上で、反復練習して感覚を掴む事。
そうすればその感覚は忘れない物になり身体に覚え込まれます。
状況によってはここまでやります。

いかにして、怪我のリスクを減らして、且つパフォーマンスUPに繋げられるか。
治療もアフターでの修正もここを大事にしています。

肩こり腰痛も日常動作が全て

私たちが行う立つ、歩く、座ると言った日常動作、もしくはスポーツにおける動作習慣。

この動作の中で理想とされる動きから外れる事で、私たちの身体には痛みや不調として現れます。
当院での治療もこの動作を判断した情報に基づいて治療を進めて行きます。

歩く時に身体を左右に揺らして歩く人
立っている時は必ず左足が軸足になる人
座っている時、足を組む時に右足が上になる
走る時に足が外から回ってくる

これらの動作には全部癖があり、
起こるのにも理由があります。

1つひとつ丁寧にこの身体の癖、動作の癖を治して行けば
自然治癒力も向上し、
もちろん治るスピードも速まります。

その初めの一歩として、
皆さんもこうした動きに少しばかり目を向けてみて下さい。

仕事柄どういった動きが多いか。
家事をしているときに、どちらの方をよく向くか。
パソコンはどの辺りに置いているか。

偏りのある動作習慣は左右や前後バランスを崩しかねません。
今日から自分の動きと習慣に目を向けて行きましょう。

カラダが変化する時期

11021001660

11021001660

明け方や夜の気温は少し前から下がってきましたね!

これから日中の平均気温も徐々に下がって行きます。

良く言う季節の変わり目の中でも、この秋と冬への移り変わりはカラダが1番順応に時間を必要とする期間です。

 

何故かと言うと「寒さ」が影響しているからです。

 

冷えることで私たちの身体の動きは固くなります。

冬場になるとポケットから手を出したくなかったり、動きたくなかったり。

特にスポーツをする時には、寒さで身体が動かないという事を実感しませんか?

その固さも暫く立って身体が暖まってくると取れてきます。

 

実はこの現象が、季節の変わり目に私たちの身体に起きています。

気温が下がって来たなと思ったら身体を冷やさない事!

やる事はシンプルですが、ポイントは気温の低下のタイミングで事前に意識して行えるかです。

お風呂に浸かる、上着を一枚持っておく、暖かい布団を被る、暖かい飲み物を飲むなど

今のうちから身体が温かくなることを毎日1つは実践してみて下さいね!

 

身体のズレを整えるストレッチ

Teenage girl (16-17) stretching leg, low section

Teenage girl (16-17) stretching leg, low section

Teenage girl (16-17) stretching leg, low section

私たちの身体でズレが起こってくるタイミングにはいくつかあります。

 

・歩き方

・お仕事の内容

・座り方

・寝る時の寝具

・ストレッチの仕方

・ポケットに物を入れているか

・鞄の持ち方

・トレーニングの時の動き方

・家に居る時の過ごし方(横になっている時の体勢など)

・過去の怪我

 

などなど、挙げればキリがないのですが、こういう事が反復して起こる事で

私たちの身体は徐々に正しい所からズレていきます。

 

そして元に戻す基本は「ストレッチ」です!

簡単に言うとリセットをする作業ですね。

上のズレが起きる項目がありますが、みんながみんな同じ事をやっている訳ではありません。

なので自ずとストレッチのやり方も個々で変化していきます。

そして正しいストレッチが出来た時には、ビックリするくらい柔軟性が上がりますよ☆

全ての基本はストレッチです!

まずは始める事からスタートしてみましょう。

テーピング

IMG_6732

IMG_6732

当院では治療の一環で、テーピングを行っています。

 

ただ皆さんが思うテーピングのイメージとは少し違ったものをさせて頂いています。

 

一般的に・・・テーピングとは

①固定、圧迫するもの

②骨折したり捻挫をした後にするもの

③足の動きを制限するもの

 

こういった事が連想しやすいのではないでしょうか?

 

実際にスポーツの現場や医療機関などでは、この目的で巻く事がほとんどです。

 

当院ではもちろんこの上記の事について巻く事はあるのですが、

 

1番の目的は「筋肉や骨を正しい位置に戻す事」です。

 

正しい位置に戻れば、立ち方、歩き方、足の疲れ方、筋出力が変わり

 

それを継続する事で痛みや不調が改善するスピードが抜群に向上します。

 

既に大阪も秋を感じさせる空気感となってきました。

 

気温がガクッと下がる前に、しっかりとケアをして冬の時期に備えましょう!

レントゲン写真

当院では症状や症状の推移によっては医療機関の受診を勧めております。

骨折の疑いがある時や、膝の痛みで症状が変化している時などは

レントゲン写真からの情報はとても大切になります。

例えば、半年前に撮っていたレントゲン写真では、

それだけ時間が空くと状況が変わっている事が多いのです。

症状の確認をそこで僕自身もさせていただくことで、

治療の計画や患者さんにお伝えする内容も変わってきます。

患者さんがより最短で良くなって行く。痛みが取れて喜んでいただく為に必要な事だと思っています。

当院で大切にさせて頂いていること

11021006396

当院で大切にしているいくつかの事のうちの1つで、

「動きを見させて頂く」事があります。

特にスポーツをしている子供や選手であれば、

その場で歩き方や走り方をチェックさせてもらったり、

ボールを実際に蹴ってもらいキックフォームを見たり

バットを持って素振りをしてもらったりしています。

そして、最後には何故今の状況になっているかという説明まで

わかりやすくさせて頂きます。

ここを何故大切にしているかというと、患者さんの頭の中でしっかりと

自分の身体の状態をイメージして安心して頂く事

そして症状が再発することを避けるためという目的があるからです。

誰もが持つ身体のクセですが、これが最小限になれば

とても快適で、怪我のしない身体になりますよ!

動作分析

2377831731546
最近は動作分析する時間が必要だと再確認し、

治療院の近くにある公園を利用させてもらい、

ランナーであれば走るフォーム、サッカー選手であればキックのフォーム、

テニスであればサーブの打ち方、テイクバックの動きなどをチェックさせてもらっています。

挙げればきりがありませんが、こういった「動き」を確認する事で、

その人が持っている癖を見抜き、痛みが出ているのであればそれに対しての原因がわかってきます。

もちろん、こういった動きの中で痛みが出る原因を回避出来れば癖の無い左右対称の動きとなり、

パフォーマンスの向上も引き出せます。

色んな気付きを得て、その気付きを共有出来る事を目指したいと思っています。

2、30km辺りから感じる痛み

Legs of runner on road

Legs of runner on road いつもブログを読んで下さってありがとうございます!

今回はランニングの話について書きますね。
今日は痛みの性質には色んな特徴があると考えています。

その中でもマラソンやランニングの時に出る痛みは、走り方がかなりの影響を出しています。
特に20〜30kmを過ぎる頃から出る痛みについてはフォームの蓄積がダメージとなって現れた証拠です。

ことわざでも、塵も積もれば山となるという言葉があるように、 ランニングでは同じ動作の繰り返しとなります。

フルマラソンであればストライドを100cmとして計算すると、最低でも有に4万歩以上は接地を繰り返します。 細かな誤差が大きなひずみを産むことが想像出来ると思います。

20km,30km過ぎてから感じる痛みの理由はここにあります。

もちろんメンタルの状態でも身体の変化は顕著に出てきます。

良いフォーム、そして苦しい時に負けない精神力も身につけていたいですね!

寝屋川マラソン

topics_marathon2015_2

topics_marathon2015_2
昨日は寝屋川マラソンでしたね!
延べ4395人の参加者だったそうです。すごい盛り上がりでしたね!
当日は生憎の雨でしたが昼前には弱まり、晴れ間も少し見えていました。
何かにチャレンジするって最高ですよね。
僕自身も4月に交野マラソンが控えているので、着地の仕方、腕の振りを考えて追い込んだり、色々とトレーニングをしているところです。

走られた方はしっかりとケアをして身体の疲れを取ってあげて下さいね!