All posts in ギックリ腰

年末年始休診のお知らせ

誠に勝手ながら、たなべ治療院では下記の日程を年末年始の休診日と致します。

12月30日(金)〜1月3日(水)

新年は1月4日より診療を開始します。
※ぎっくり腰や急性の症状につきましては、休診期間中でも診療を承ります。
まずはお気軽にお電話ください。

ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

いよいよ2016年も終わりに近づいてまいりました。
皆さまもが良い年を迎えられる様に
たなべ治療院も年内一杯まで精一杯治療にあたらせていただきます。

ギックリ腰が増えています

ここ1週間でギックリ腰を患う患者様がかなり増えて、
調子を崩される方がとても増えています。

気候の変動も大きく、皆さんもクーラーや扇風機に当たる事がとても増えて来たと思います。
特に下半身が冷やされますので、靴下を履く時はくるぶし丈では無い物を選んだり、
暑いからといってシャワーで済まさず湯船に浸かるなど
些細ですが毎日の取り組み(コンディショニング)に気をつけてみて下さい!

なってしまうと動けなくなり、辛い時間を過ごす事になりますので・・・
もし万が一なってしまったら、その時はすぐにご連絡ください。

当院では当日の急患も承ります
まずはお気軽にご連絡ください。

肩こり腰痛も日常動作が全て

私たちが行う立つ、歩く、座ると言った日常動作、もしくはスポーツにおける動作習慣。

この動作の中で理想とされる動きから外れる事で、私たちの身体には痛みや不調として現れます。
当院での治療もこの動作を判断した情報に基づいて治療を進めて行きます。

歩く時に身体を左右に揺らして歩く人
立っている時は必ず左足が軸足になる人
座っている時、足を組む時に右足が上になる
走る時に足が外から回ってくる

これらの動作には全部癖があり、
起こるのにも理由があります。

1つひとつ丁寧にこの身体の癖、動作の癖を治して行けば
自然治癒力も向上し、
もちろん治るスピードも速まります。

その初めの一歩として、
皆さんもこうした動きに少しばかり目を向けてみて下さい。

仕事柄どういった動きが多いか。
家事をしているときに、どちらの方をよく向くか。
パソコンはどの辺りに置いているか。

偏りのある動作習慣は左右や前後バランスを崩しかねません。
今日から自分の動きと習慣に目を向けて行きましょう。

鼻緒の無いサンダルとあるサンダル

これから夏場に向けて、サンダルの頻度が上がる事と思いますが
ぜひ鼻緒がついているサンダルを選択肢に入れてみてください。

os_20130305_48-thumb-450x311-3601

例えばこういった鼻緒の無いタイプだと、足が横から出てくる歩き方になってしまい
足が真っ直ぐに出てきません。

こうなると使われる筋肉も偏りが出てしまい
足の裏やふくらはぎの外側が疲れてきます。

1660217_0

反対にこういった緒のついたものであれば
歩き方も崩れる事無く、自然治癒力が引き出されつつ歩く事が出来ます。

オシャレを追い求めるのも大切だと思いますが、
自分の身体に合っているかという、それ自体が大前提なので
オシャレと足の健康をバランス良く手に入れて下さいね!

4464704815651.LINE

自分が長年愛用しているビルケンシュトックのサンダル。
左はビーチサンダルで右はスパルタ。
カラダの健康は足からです!

腹筋群と腰痛

4360011033712.LINE
腹筋と一口に言っても、4つの筋群で構成されています。
・腹直筋
・外腹斜筋
・内腹斜筋
・腹横筋

この腹筋群は日常生活やスポーツにおける間違った動作習慣で
徐々に「固く」なります。

通常筋肉は伸び縮みをすることが出来、それによりパワーを発揮したり
正常な可動域を出す事が出来ます。

しかし、これら4つの腹筋群が固くなる事で、
骨盤や胸郭と言った骨や関節の動きが正常に行われる事が難しくなるのです。
例えて言うと、身体を丸めたり、反らしたりという動きに制限が掛かります。

正常な動きが出ないとなると、正常な動きを別の場所で補おうとする動きが働きます。
それが腰に負担を掛けたり、スポーツにおいてパフォーマンスに影響してくるのです。

自分の身体を良く知った上で、ストレッチやトレーニングが出来ると身体の不調も必ず良い方向へと向かいます。

靴とソックスの相性

24031000438

24031000438

年末の何かと忙しない時期、皆さん体調はいかがでしょうか?

当院も移転の準備と毎日の治療で大忙しで、とても有り難い事です!

 

少し前に、皆さんに注意の意味も込めてギックリ腰の記事を書きましたが、

やはりチラホラ患者様でギックリ腰の方が来られます。

 

そのギックリ腰の対策として今日は皆さんにお伝え出来る事がもう1つありましたので、

記事としてお伝えさせて頂きますね!

 

突然ですが、寒さを感じると私たちの身の回りで何が変わるでしょうか?

姿勢、服装、靴、食べ物、飲み物など、めまぐるしく身体の内外問わず変化します。

その中の服装で注目したいのが「靴下」

 

寒くなるとどうしても、モコモコしたソックスを履く人が増えてきます。

が、これが実は靴との相性をとても左右するものなんです。

 

最近良く流行っている、ブーツの中にファーがある種類のものは、

履いているととても温かいのが特徴です。

元々はサーファーが海から上がった時に足を冷やさない為に作られたブーツなんです。

(もっと遡るとパイロットが身体を冷やさない為に作られたものだそうです)

 

このことからも分かる様に、歩く為に作られた物ではないという事がお分かり頂けるかと思います。

更に中にはファーがあるので、自分が履く靴下の素材によっては、

靴の中で横滑りが起きてしまいます。

この横滑りを顕著に起こしてしまうのが、先程のモコモコソックス。

 

歩くたびに身体は横滑りを起こし、それに耐える事になるので

結果的に腰回りにダメージが蓄積して行きます。

最終的には、思い当たる原因はないけど腰が痛い、腰をかがめないと辛い、

などの患者さんの訴えに繋がって行きます。

 

そうは言ってもオシャレの事を考えたら、どうしてもこの靴を履きたい!

という方は、まず靴下選びからし直してみてはいかがでしょうか?

ぎっくり腰の増える季節

3482366072436

この時期はとてもギックリ腰が増える時期です。

症状の程度は大なり小なりですが、

1度なると本当に辛い物があります^^;

 

当院でもここ1週間で、ぎっくり腰になった患者様が何人かお越しになられました。

ではそのぎっくり腰ですが、一体どういう状況なのでしょうか。

3482366072436

骨盤を使って説明すると、これが正常な状態です。

真ん中にあるのが仙骨という骨で、その両脇を挟む様にして隙間があるのが見て取れます。

ここが良く聞く仙腸関節という関節になります。

 

ぎっくり腰のなると骨盤が閉じて次の写真の状況になります。

3482365840503

写真では左側の骨盤のみ閉じていますが、

ぎっくり腰になると、この状態が両方になり骨盤がロックして

全く動かなくなります。

 

この状況が「ぎっくり腰」です。

歩く時や立つ時に骨盤は動くので、このロックされた状況になると、

それらが全く出来なくなってしまいます。

 

更にこの時期に多いのは「気温」が大きく関係してきます。

日頃から温めることを意識して、

身体を良い状態に保ちましょう!

11月の休診日

いつもブログを読んで下さりありがとうございます。

大阪もとても寒くなってきました!

僕自身も毎日寒さ対策をして、冬本番に向けて身体作りを行っています!

寒さに打ち勝つ身体にしていきましょうね!

 

今月の診療時間変更のご案内です。

11月30日(月) 15時まで

と、させて頂きます。

その他休診日については、日祝となりますので、お間違えの無い様お気をつけ下さい。

 

尚、ご予約はお電話、もしくはお問い合わせフォーム(24時間受付)よりお願い致します。