身体には色んなサインがあります。
風邪を引く前でもそうですが、何かしら身体の表面上に出てくるサインがあります。

そのサインを素直に、そして敏感に感じ取れる感覚はとても大切でしょう。

風邪を一例にしましたが、痛みもそうです。
些細な痛みや不調を見つめる事も同様の事が言えます。
「今日は少しおかしいかな?」
目まぐるしい日常では、もしかしたら気付けた事も気付けなくなるかもしれません。

また、「痛みが無ければもうこれで終わりですか?」
とのご質問を頂く事もあります。

実はそうでないこともしばしば。

自分の身体のどこかが動かしにくかったり、本来の状態からはかけ離れている事も
痛みを感じないレベルで起きています。

スポーツ選手は、日々のハードな練習の毎日。
競技をされない方も同じ動作の繰り返しで、
身体のパフォーマンスは低下しているかもしれません。

だからこそ、日々の身体のサインを見逃さないようにしたいですね。