11021002579
足底腱膜炎(別名 足底腱膜炎)は、

足裏にある腱の部分に過剰なストレスがかかりつづけた結果、

炎症が起きて痛みを感じるという症状です。

足が地面と接地した瞬間や、

足が地面から離れる蹴り出しの瞬間に痛みを感じる事が多いのですが、

歩き方、そして足のアーチがどういう形になっているかが、

足底腱膜炎を治して行くにあたりとても大切になります。

例えば足のアーチが高い、いわゆる「甲高」の人は足の甲に高さがある分、

着地の時により腱への力は大きく働いてしまいます。

そうする事で、足底腱膜の炎症を招く確率がとても高くなります。

それとは逆に、足の甲が低い人でも足底腱膜炎になることだってあります。

要は、歩いている時にどのタイミングで1番腱にテンション(過剰な負荷)が大きくかかってしまっているか。

これをしっかりと見分けて治療していく必要があります。

扁平足だから足底腱膜炎になるかと言われれば、それだけではありません。

ハイアーチ(甲高)と扁平足では骨のズレも変わってしまいますので、

治療する場所やストレッチの仕方も自ずと患者さんに合わせて変わります。

たなべ治療院では、患者さん一人ひとりの歩き方を動画で確認し、

歩き方の癖を分析してから治療に入らせて頂いております。

一日でも早い復帰、症状の改善に努めていますので、お気軽にご相談ください。