knee
膝が痛いと歩くことがなかなか上手くいきません。
少しでも日常生活が楽になるように、また、スポーツで痛みが出ない為に膝のサポーターをすることがあると思います。更にそのサポーターの種類も多岐に渡ります。

今皆さんが付けているサポーターはどのような形の物でしょうか?
41oiuqwujwl._aa300_ff716afa
上の物はかなり固定がハードなタイプで主に医療機関で処方されます。
反対に下は軽度の圧迫をかけており、まだ上の物に比べて動きやすいとされています。

タイプが違うだけで膝への影響は違うとイメージ出来るかと思われますが、
どちらにせよ、膝へはダメージになる影響が大きいのです。

それは何故でしょうか?

まず皆さんに知っていただきたいのが、「固定」というのは諸刃の剣だということです。
固定とはあえて関節や筋肉の動きに歯止めをかけています。
何故ならそれは膝が痛いから。

しかしながら、「固定」は動きを出さないようにしてしまうことから、
不自然な関節や筋肉の動きを引き起こしてしまい、結果、筋力低下や歪みを引き起こす原因となってしまいます。

当院では、ただ単なる固定ではなく、痛みの原因を作ってしまっているテーピングで、
膝の捻れや筋肉を正しい位置に戻すことで、膝の痛みを取ることを行っております。

いつでもお気軽にご相談ください。