治療家とはどういう仕事だろう。
と、最近立ち返る機会が多く、良くそんなことを考えていました。

僕自身がこの仕事を目指した1番最初のタイミングは高校時代。
それまでは社会人になった後、父親の仕事を継ぐか~くらいのぼんやりとした感覚でいました。
父親も1人で独立して仕事をしており、1人で何かを成し遂げる事に魅力を感じていた部分もあったでしょう。
その仕事自体に高校生の僕は何も魅力を感じる事は出来ませんでしたが、
「何かしたい」という衝動はあった、と思います。

好きで続けさせてもらっていたサッカーも、その高校時代に色々転機が訪れました。
「全国大会出場」という高校サッカーをする者なら誰もが憧れる舞台。
そこに注力するために当時強かった高校に入学。
しかしあっさりと、高校3年間は終わってしまいました。
ほとんどを怪我で棒に振ったのです。
今思い出しても、未練が湧き上がってくる程です。

1年の後半位から頻繁に怪我をするようになり、
気付けばずっとゴール裏でボール拾いをする毎日。
何か出来る事はないかと、華奢なカラダを変える為にトレーニングをしてみたり、
チームの為に学年関係なく水汲みをしたり、後輩とサッカーについて、学校生活について会話をしたり。
3年生になり、怪我の痛みがなかった時期があり、思う存分サッカー出来た期間がありました。
最後の選手権でチャンスを掴んで全国大会に出たいという気持ちが焦りを生んだのか、
大会初戦の1、2ヶ月前に、筋断裂をし松葉杖状態になりました。
あれは悔しかったなと。
そして最後の試合もチームの応援をして終わりました。

僕の高校サッカー生活は、あっけなく終わったものの、
中身はとても濃かった様に思えます。
それは大人になって気付く事も沢山あります。

今この仕事をしている土台は高校時代に築かれました。
師とする先生に出会えたのも、このタイミング。
大怪我を繰り返し、怪我をしている選手の思いを汲み取れるのもこの経験があったから。

良く、監督にサッカーは人間形成だと言われていました。

今になってわかる言葉でとても重みがあります。
もちろんサッカーに限らずスポーツ全てに人間形成が可能だと思っています。

ピッチというフィールドを出たら、
人生というフィールドで活躍しなければならない。
と、まるでどこかの名言集に出てきそうな言葉を、僕たちにかけてくれのも監督でした。
恩師と出会えた高校時代。
そして怪我の経験、師との出会い。

高校時代はとても貴重な時間です。
もし怪我で悩んでいるなら、諦めないで頑張って欲しいと思います。
ちょうど今は大会が多い時期。
サッカーではまさに地区予選が始まる頃ですね。

ぜひ皆さん悔いの無いよう、頑張って下さいね。

少し過去を辿って、治療家であることの意味やどうあるべきかを考える機会となりました。