11044014958

出産後、女性の身体は大きく変わります。

ここ最近産後の身体をチェックさせて頂くことが多いのですが、

骨盤の状態、骨盤のズレから来る筋肉のズレは個人差はあれど

とても大きいことが見ていて感じます。

 

これだけ大きなズレが生じると

産後の悩みが多いことが個人的にですが納得出来ますし、

そしてそれを戻しておく必要性があることを伝えなければいけないと思い、

今回記事にしています。

 

産後に気になることで、必ず「骨盤」の状態を皆さん気にされることと思います。

その骨盤は一体どういう状態になっているかご存知でしょうか?

 

骨盤には、色んな動きがあるのですが、その中でも有名な動きで

前に倒れる動き(前傾)と後ろに傾く動き(後傾)の2種類に分かれます。

Tarzanなどの一般誌をよく読まれている方は、既にご存知の動きかと思います。

 

出産初期では骨盤が前傾をして、胎児が骨盤を通過しやすい様に入り口が広がります。

最終期では後傾をして出口が広がって行きます。

 

この胎児が通過して行く時に骨盤がただ単純に広がるだけでなく

下の写真にもある骨盤を連結する靭帯が緩んでしまいます。

3441942594120

緩んだ靭帯は元に戻ることは無いので、

出来れば本来の状態へ戻してあげることが1番良いのです。

 

靭帯のゆるみ、骨盤のズレ、その他にも筋肉のズレが出てきます。

筋肉は骨にくっついているので

骨のズレと同時に筋肉の位置も変化して行きます。

 

筋肉というのは正しい位置にあって初めて正しく動きます。

こうなると、産後骨盤周辺の筋肉が正しく動かなくなり

日常生活レベルで身体のズレが生じてきます。

 

こうなる前に手を施すことが出来れば、産後の影響は最小限で済み

お母さんの身体の調子も安定していきます。