約一週間の宇佐美貴史選手とのトレーニングを終え、先日無事に帰国致しました。
ドイツに滞在中は患者様より沢山お電話を頂いておりましたが
スムーズに対応が出来ず申し訳ございませんでした。

今回は、試合を挟んで約一週間時間がありました。
先を見ながらトレーニングをしつつも、試合に向けてはコンディションを調整しないといけなかったため、その加減をどうするかがポイントでした。
そういったことから、トレーニングをどれだけ行うかというよりも
何をして、どこに拘ってやっていくかという内容のクオリティーがとても重要でした。

一つのトレーニングを行えば、問題点が浮き上がってくるので
それに対してどういう対処をしていくのか。
この反応を追い続けた6日間でした。

6957665855611.LINE

そして、10月21日。試合当日は宇佐美選手のご家族と一緒に観戦です。
ホームで、相手はダルムシュタット。
肝心のDüsseldorfはブンデスリーガⅡ部の首位です。

6957665720860.LINE

この日はマンオブザマッチ級の活躍と後日報道され、
非常にポジティブな要素が詰まった試合でした。
試合も1-0で勝利しました!

6957665763406.LINE

試合翌日にはご家族の皆さんと一緒に、ケルン大聖堂やオランダまで足を伸ばし少し観光へ。
ケルン大聖堂の大きさにはビックリでした!
写真で伝わらないのが残念。

6957665623148.LINE

そして、計7日間の宇佐美選手とのコンディショニングを終えて無事に帰国。
海外でチャレンジする環境、その意味、メンタル、その他にも宇佐美選手と濃い時間を過ごすことで
彼を通して、色んな景色を見させていただきました。
これからも活躍を応援し続けていきたいと思います。
皆さんも、宇佐美貴史選手の応援をよろしく御願い致します!