8月より受付を開始したパーソナルトレーニングですが、
色んな方々に体験をして頂いております。
目的、年齢は様々ですが、特にジュニアアスリートと呼ばれる10歳前後の子供達が最近は増えています。
既にそれぞれの土俵で結果を出している選手も出てくるようになりました。

話は少し変わりますが、先日ドイツへ行った時に肌で感じたのが、「フィジカル」の差です。
日本人と海外の選手ではかなりフィジカルの部分に差があります。
大人になってからこの問題が現れるのではなく、
実は既に10歳に経たないうちにこの差は顕著に出ているのです。
現地で子供の歩き方やスポーツををしている光景を見て来ましたが、
はっきりとこの年代から明らかに違う差を感じました。
更に海外の選手は、普段の練習の中で自然と身体が大きくなっていくようです。
日本人が成長過程で身体を大きくしたり、スポーツで必要な身体の使い方を習得していくには
練習以外でそれなりのトレーニングが必要というのが分かります。

人の動きには、理想的な動きがあります。
いかにその動きをスポーツで出来るかが、
怪我をしない、パフォーマンスを上げることに繋がります。
トレーニングというものはその為にも、とても大切な一つの方法になるのです。