600-01374843
シンスプリント(別名 過労性骨膜炎)

シンスプリントと言ってもご存知の無い方もいらっしゃる事かと思います。

これはスポーツ障害で良く起こる怪我の1つで、脛の際に起こる痛みの事です。

①痛みが出る場所は主に3カ所

シンスプリントにおける痛みの場所は、脛の外側、内側上、内側下の主に3つです。

競技ではランナー(陸上選手)、サッカー、バレエダンサー

その他特に中学生~高校生までのスポーツ選手に良く見受けられます。

僕が高校サッカー部のトレーナーを4年間させて頂いていた時は、捻挫の次に多い怪我でした。

ランニングやジャンプの動きを頻繁に繰り返す事で筋肉・筋膜・骨膜に炎症反応が広がります。

②走り方、着地の仕方
シンスプリントは、その人の走り方、着地の仕方で起きる怪我です。

足をどこに着くか、上半身の使い方、足の指がしっかりと使えているか

など、原因は足だけあるという事ではなく

「動き方」

に潜んでいるのです。

何より再発をしない為には、このポイントがとても大切になります。

今回はシンスプリントという症状について簡単に触れてみました。

次回はもう少し色んな事に触れてお話をします。