600-03849024
前回の話しに続き、シンスプリントを改善する為のポイントを

3つに分けてお話しして行きます。

①足首・股関節の固さ(柔軟性)を見る

シンスプリントで痛みが誘発される場所は

脛の骨の内側に沿って出てきます。

ふくらはぎにはいくつかの筋肉がありますが、

これらのどれかがトラブル(固くなったり、伸ばされすぎたり)を起こすと

動きの中で過剰にその場所にストレスが掛かり、

シンスプリントとして痛みを引き起こします。

どういった痛みも動きの中で起こりますが、

関節の固さもその1つの原因です。

チェック方法としては簡単に2つ。

1.その場でしゃがみ込む動きが、後ろに倒れずに出来るか

2.上向きの状態で寝て、片足を抱え込み股関節に詰まる感覚が無いこと
※太ももがこの時に胸にくっつけばOK

まずは自分の固さを確認してみましょう。

②扁平足

最近の中学~高校生でも頻繁に見受けられる扁平足。

これにより、安定した体重移動が出来なくなり、

膝の内側のラインに過度なストレスがかかります。

このストレスがシンスプリントを引き起こす1つの原因とお伝えしました。

自分の足を見て、内側のアーチが低下していないかチェックしましょう。

また立った状態でも足を見て、体重がかかった所でどう変化しているかも確認してみます。

見かけ上扁平足ではない人でも、歩く・走るという動きの中で

一時的に扁平足になっている場合もあります。

これは専門家のチェックが必要なので、1度見てもらう事をオススメしています。

③最後に靴のすり減り方を見よう!

靴のすり減るポイントで見る場所は、簡単に1つ。

踵ではなく靴の小指の横に当たる部分。

ここが膨らんでいたり、破けそうになっていれば、

1度過剰に体重が外に掛かっている証拠。

要は「あおり」が大きいという事です。

外へ軌道がズレると、その軌道は内へ戻されます。

そうすると結果的に内側のストレスが大きくなり、

ふくらはぎ~膝の内側の筋肉へ負荷がかかります。

1度確認してみて下さいね!

以上、ここまでが簡単に自分で確認出来る3つのポイントです。

この項目が当てはまる程シンスプリントの可能性が高く、

既に痛みを発症している人も多いのではないでしょうか。

シンスプリントは重症化すれば骨にまで影響が出てしまいます。

そうなる前に早めに対策を練りましょう。

次回はシンスプリントが悪化したケースをお話しします。